ヒートガンの代わりになるもの、代用品のおすすめまとめ!買える場所や正規品のブランドも解説

ヒートガン

本記事ではヒートガンの代替品、代わりに使えるもの、のおすすめを紹介します。

急にヒートガンがないときに参考にしてください。

目次

ヒートガンの使い方は?必要機能や使うタイミングを解説

まずはヒートガンとは何か、そして使い方はどんなかを簡単に解説します。

おすすめはこれ↓

アストロプロダクツ
¥4,983 (2024/04/15 11:54時点 | Amazon調べ)

元商品の解説↓

ヒートガンってどんな商品?
  • ヒートガンは高温の温風が出せるため、物を温める際に使います。
  • 塩ビのパイプを曲げる時やリメイクシートを曲面に貼る時などに、熱を当てて柔らかくするために使う。急激に乾燥させたり、熱で材料を縮めたりする時にも使える。ない場合、堅い資材を曲げられない。
  • クラフト系の作業で使います。接着された部分を温めて溶かして部品を外します。
商品解説を全部見る
  • 剥がしにくいシール系やはんだ等の接着を即時に熱して取りやすくしたり溶かしたりする際に使用します。無い場合は作業しにくくなりますし、効率も下がるでしょう。
  • コードの結線作業のときに熱収縮チューブを収縮させる時に使います。短時間で収縮させられるので便利です。
  • ステッカーを剥がす際や、塩化ビニル樹脂を溶かす際に用いる。ヒートガンを使うことでステッカーを綺麗に剥がすことができる。
  • 熱処理加工機で、電気による熱風を生み出し加工する機械。温度は高いモノだと500℃ほど行くという。

ヒートガンの代わりになるもの、代用品のおすすめまとめ

ではさっそく見ていきましょう。

ドライヤー

まずはドライヤーです。

使い方や使い勝手は?

ドライヤーもヒートガン同様に、温風を出すことができますが、ヒートガンより温度が低いです。

“ヒートガンほど高熱にはなりませんが、時間をかければ接着部分を高温にすることが出来ます。
元々髪を乾かす道具ですので、吹き出される温風に触れても怪我はしにくいです。”

使ってみた感想は以下の通り。

思い出(エピソード)

塗装の乾燥を,早めるためドライヤーを使いましたが、ヒートガンのほうが温風の温度が高く、ドライヤーだと時間がかかってしまいました。

“はんだの接着不良を直すためドライヤーを使いましたが、1時間つけっぱなしにしても
思った以上の効果が得られませんでした。ピンポイントで当てたら良かったです。”

ライター

続いてはライターです。

使い方や使い勝手は?

接着された部分をライターの炎であぶって外します。あまり高温にならないので時間がかかります。

使ってみた感想は以下の通り。

思い出(エピソード)

プラモデルを温めてパーツをバラバラに外したことがあります。近づけすぎて少し溶けてしまいました。

ガストーチ

続いてはガストーチです。

使い方や使い勝手は?

平らな場所に置いたガストーチに火を付けて、熱したい物を炎に近づけてちょうど良い程度にあぶります。

カストーチはCB缶に取り付けるものが使いやすいかと思う。ただ、ガスに火をつけて炎を出す機械なので、可燃性のものの加工には最新の注意が必要。

使ってみた感想は以下の通り。

思い出(エピソード)

使う前に周りに油等の可燃物がないことを確認します。炎に近づけてちょうど良い距離を見つけるまで時間がかかります。

竹を曲げるために一度使ってみたのだが、黒く焦げてしまい、ロスを出してしまった。上手く使いこなせれば、代用になる。

ホットプレート

続いてはホットプレートです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥2,646 (2023/04/11 11:15時点 | Amazon調べ)
使い方や使い勝手は?

部分的に温める事は出来ませんが、耐熱シール等使えば温めたい所だけ温度上昇させる事は出来ます。また、広い範囲を熱する際には効率良くなります。

使ってみた感想は以下の通り。

思い出(エピソード)

全体が焦げてしまわないよう着きっきりにならなければいけないので、他の作業が滞ってしまいます。温める作業のついでに、料理出来るのではと思った事もありました。

カセットボンベ

続いてはカセットボンベです。

使い方や使い勝手は?

スイッチを押し込んで炎を出す。炎が出るため材料が焦げやすい。焦がさないように材料を動かし続ける必要がある。また、燃えないように配慮が必要。

使ってみた感想は以下の通り。

思い出(エピソード)

塩ビ管を曲げるために使ったことがある。曲がるには曲がったが、表面が焦げた上に少し溶けた後がついてしまいしまい、やや失敗した仕上がりになった。削ったりなんだりできれいにはできたが反省した。

チャッカマン

続いてはチャッカマンです。

使い方や使い勝手は?

ライターやチャッカマンは、ヒートガンと同様に高温にすることができますが、気をつけないと燃えてしまいます

使ってみた感想は以下の通り。

思い出(エピソード)

ケーブルの熱伸縮チューブを縮める際に、ライターを,使用していますが、熱しすぎると溶けてしまいます。一方、ヒートガンは適度な温度で燃える心配がなく。適度に縮めることが出来ます。

ヒートガンの正規品の買える場所、販売店とおすすめブランドまとめ!

本記事で紹介した代用品が全てない場合には、ヒートガンを購入しましょう。

買える場所

買える場所としては、

買える場所

ホームセンター

電気店・家電量販店

専門店: 工具専門店やプロ向けの工具店

インターネット通販

などがオススメです。

おすすめブランド

また、ネットで購入するのも種類が多くて選び放題。
時間に余裕がある際は検討ください。

その場合のおすすめブランドは以下の通り。

正規品のおすすめはこれだ!
  • アストロプロダクツのヒートガン。温度や風量の調節ができるため。
  • アストロプロダクツ製のヒートガンは値段も手頃でおすすめです(3600円程度)
  • 素人がDIYに使う程度なら、DCM ヒートガンがおすすめ。低い温度でしか使えないものの、ドライヤーよりはかなり熱くて最初の一台としては十分。なにより値段が安くていい。
  • マキタのヒートガンです。仕事で何度でも使う場合は本格的なものを購入すべきです。
  • evolutionのデジタルヒートガン HDG200コスパが良く、温度がすぐに上がりますので作業を早く済ませたい方におすすめです。また、温度がデジタル表示になっていますので確認のしやすさもあります。
  • Makita(マキタ)ヒートガン HG6031VK550°まで加熱できる。可変ノズルとスクレーパーがセットになっている。充電タイプの機器が多い同社で珍しいコード式。
アストロプロダクツ
¥4,983 (2024/04/15 11:54時点 | Amazon調べ)

終わり。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次